ストレスで抜け毛が増える!?

ストレス解消で抜け毛対策・・・!
 抜け毛の対策Top > ストレスによる抜け毛
 おススメ!

◆ストレスによる抜け毛


人間、ストレスは溜まるもの。
ただストレスを溜め過ぎると髪の毛に大きな影響を及ぼす要因となります。
ストレスは抜け毛を加速させます。

気が小さく悩み症の人やハードな仕事で精神的に参っている人、責任感が強すぎる人などはストレスが溜まりやすいもの。
しかもそういう人に限って薄毛が多いのも事実。

ストレスは、免疫力を低下させ、「万病の元」になると言われています。
健康のためにも抜け毛のためにも過剰なストレスは改善が必要です!



ストレスは抜け毛の元
過剰なストレスは、なぜ抜け毛を増やしてしまうのでしょうか?


血行不良
ストレスは血圧などをコントロールしている自律神経を乱し、血管を収縮させ、血液の流れを悪くします。
血行不良は髪の毛を発育させる毛母細胞へ十分な栄養が行きわたりにくくなり、毛が細くなったり抜け毛の原因になります。

血行不良は毛根への栄養補給を鈍らせ、毛細胞の働きも阻害します。
働きの悪い毛細胞からは健康な毛髪は形成されず、
すぐ抜けたり、コシの弱い髪ばかり生えてきます。


内臓の不調
ストレスで自律神経がおかしくなると、内臓の働きにも影響が出ます。
内臓が不調になると、髪の材料になるタンパク質やミネラルの合成が悪くなります。
髪が育たなければ、毛は抜ける。


皮脂の過剰分泌
ストレスで自律神経のバランスが崩れると心身ともに攻撃的な状態になり、
攻撃的な状態が継続すると男性ホルモン分泌も高まり、皮脂の分泌が過剰になります。
過剰な皮脂は抜け毛の原因に。


頭皮が硬くなる
ストレスを感じている人は、常に体が緊張状態にあります。
緊張していると頭皮は硬くなります。
頭皮が硬いと髪に栄養が行き渡りにくくなり、抜け毛や頭皮のトラブルの原因になります。


睡眠障害
「眠りに付こうと思ってもいつまでたっても眠れない…」
これは、副交感神経が正常に働いていないから。
ストレスは、この副交感神経の働きを弱めます。
髪の毛は夜寝ているときに育成させますが、眠れないと薄毛を加速させることにもなります。



ストレス対策
適度なストレスは問題ないですが、強いストレスは心身ともにマイナスにしかなりません。
抜け毛も増える一方です。


まずは、ストレスを発散すること、心身を癒すことを試してみましょう。
例えば、「体を動かす」「心を動かす」「休む」「遊ぶ」「ふれ合う」というようなこと。
運動や趣味、音楽を聴く、動物を触れ合う、お風呂にゆっくり入る、友達をおしゃべりする、寝るなど。
本人ににとって楽しいこと・リラックスできることがいいでしょう。

また、ストレスの受け方を軽くしたり、ストレスが溜まらないように心がけてみましょう。
難しいことですが、自分の考え方を変える必要があります。
基本は、深く考え過ぎず、物事を前向きにとらえ、心の力を抜くこと。


これができないなら、「ストレスを受けない」ようにせざるをえません。
つまりストレスの原因を取り除くこと。

例えば、ストレスの原因が仕事なら、仕事を辞めることも検討する必要があるかも。
人間関係が原因なら、ストレスを与える人から離れる。
引っ越す、職場移動、退職なども考えてみては。



TOP 抜け毛の原因 抜け毛の本数 抜け毛が多い季節 抜け毛が増える食事
ストレスによる抜け毛 遺伝による抜け毛 病院で抜け毛治療 抜け毛を減らす育毛剤 抜け毛を減らすシャンプー
冷え性と抜け毛の関係 ダイエットと抜け毛の関係 女性の抜け毛の原因と対策 ほこりと抜け毛の関係 睡眠不足と抜け毛の関係
喫煙と抜け毛の関係 飲酒と抜け毛の関係 乾燥と抜け毛の関係 産後の抜け毛の原因と対策


Copyright© 「抜け毛の対策