女性の抜け毛の原因を徹底解明

抜け毛の原因が分かれば、対策が打てる・・・!
 抜け毛の対策Top > 女性の抜け毛の原因と対策


「薄毛・抜け毛」に悩む女性が使う理想のシャンプーをつくりました!





育毛ケアや頭皮ケア部門で上位ランクインを果たした女性用無添加育毛剤。
無添加なのがマイナチュレが支持される理由!

◆女性の抜け毛の原因

抜け毛・薄毛は男性だけでなく、女性にも増えています。

抜け毛は誰にでもありますが、抜け毛が多いと薄毛になってしまいます。
抜け毛が増えてしまう原因はさまざまな理由が考えられます。

抜け毛対策をするためには、自分の抜け毛の原因を知ることが、
改善の最初のステップになります。
薄毛の原因・種類を知らずに育毛しても効果は半減。


女性の抜け毛・薄毛の原因は、大きく分けて7種類あります。
アナタがどのタイプの薄毛かが分かれば、より適切な育毛ができるでしょう!



脂漏性脱毛症(しろうせいだつもうしょう)
脂漏性脱毛症は、皮脂の過剰分泌により発症する脱毛症。

皮脂は皮脂腺で作られる油で、頭皮の表面を保湿する役割があります。

この皮脂が過剰分泌されると皮脂は毛乳頭を覆っておおってしまい毛母細胞は大きなダメージを受けたり、頭皮が炎症を起こし、脂漏性脱毛症になってしまいます。


原因として考えられることは、乱れた食生活や肌に合わないシャンプーの使用、すすぎ洗いが完全でなくシャンプーが残ってしまうなどです。


食生活の改善、シャンプーの変更をしてしましょう。
改善がなければ、医師の診察を受ける必要があります。



粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)
粃糠性脱毛症は頭皮の環境が悪く、
フケが多量に出る場合になりやすい脱毛症。

脂漏性脱毛症が過剰な皮脂の分泌によるものに対し、
粃糠性脱毛症は、頭皮の角質異常により角質が剥がれ落ち、
大量のフケを伴うといったところにあります。

フケが毛穴の出口をふさぎ、毛穴の中に脂が溜まってしまうと血液中の栄養素が毛母細胞まで行き届かなくなり、脱毛してしまいます。


原因として考えられることは
・ホルモンバランスの崩れによる頭皮の常在菌が異常繁殖
・肌に合わないシャンプー剤の使用による皮膚トラブル
・整髪剤が頭皮にあわない
・整髪料の使いすぎ
・偏った食習慣によるビタミンやミネラル不足による角質異常
・細胞活力の低下
・皮脂の過剰分泌

粃糠性脱毛症はアレルギー症状がある人が比較的発症しやすいので、
血中の免疫グロブリン(抗体)が発症のきっかけとなっている可能性も考えられています。


生活習慣の改善、適切なシャンプーに切り替えるなど試してみましょう。
ホルモンバランスの改善、アレルギー症状の医学的な改善。



瀰漫性脱毛症(びまんせいだつもうしょう)
頭の広い範囲の毛が抜けて薄くなる脱毛症。
ヘアサイクル休止期の割合が多くなり、抜け毛が増え薄毛になってしまいます。
薄毛、抜け毛で悩む女性の中で最も多い薄毛症状がびまん性脱毛症。


原因としては、
・加齢とともに細胞そのものの動きが鈍くなってしまう
・精神的ストレス
・過剰なダイエット
・経口避妊薬(ピル)服用すると女性ホルモンが活発に分泌され休止期毛が減るので抜け毛が減り、服用を中止すると一時的に休止期毛が多くなる
・1日に複数回シャンプーしたり、頭皮のシャンプー剤が洗い落としきれていない、ドライヤーや過度なブラッシングなど過度のヘアケア


原因を取り除くことで改善する可能性が高い。
適切な育毛剤を使用する。



分娩後脱毛症(ぶんべんごだつもうしょう)
出産後、一時的に髪が抜ける脱毛症が、分娩後脱毛症。
分娩後脱毛症は男性型脱毛症と違い、脱毛部分の境界がはっきりしないのが特徴です。


原因はホルモンバランスの崩れ。
妊娠中には、女性ホルモンの働きが増加することでヘアサイクルの成長期が維持され、抜け毛が減ります。

一方、出産すると女性ホルモンの状態が変化し、ヘアサイクルは一気に休止期に入ってしまうために脱毛症状が出る人が多いのです。

その後ヘアサイクルは正常に戻り、通常、出産から6ヶ月~1年経過後には自然回復します。


ただ回復スピードには、個人差があり回復までの期間が長かったり、
高齢出産などで体力の回復が遅いと完治しないこともあります。
さらに産後のストレスなどが重なると抜け毛が止まらないこともあります。


他の脱毛症とは異なり、自然に回復するのが一般的なので、
深く悩むことなく、自然回復を前提とした対処を心がけましょう。



男性型脱毛症
女性でも男性型脱毛症が起こります。
女子男性型脱毛症と呼びます。

男性同様、加齢に伴い前頭部や頭頂部から次第に薄くなっていきます。
生え際の後退や左右のそり込みの拡大やつむじ周囲が薄くなります。


原因は、女性ホルモンの減少することで男性ホルモンの割合が
多くなるからと考えられています。

加齢に伴い、女性の卵巣機能が低下、女性ホルモンは減少します。
特に閉経前後の更年期を迎えると女性ホルモンは急激に減少しはじめます。

結果、男性ホルモンが強調され、更年期を境に女子男性型脱毛症を発症するケースが多いのです。

他に、ストレスの増加や過剰なダイエットによっても女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。
また、低血圧や冷え性、貧血症なども薄毛の原因になりやすいです。



牽引性脱毛症(けんいんせい脱毛症)
牽引性脱毛症は、髪が引っ張られることで起こる脱毛症。

ポニーテールやアップヘアなどのヘアスタイルを長い間続けていると
薄毛の原因になることがあります。

少し引っ張った程度で毛髪が抜けることはありませんが、
長時間継続して過度に引っ張られている状態が続くと薄毛の原因となります。

頭皮に負担のかからないような髪型に変えることによって回復します。
頭皮マッサージで血行を促進するとより回復が早い。



円形脱毛症
円形脱毛症は、頭髪が円形状に突然発症する脱毛症。
脱毛部位の大きさは豆粒ぐらいから500円玉以上の大きさで、
その部分はほぼ完全に毛が無くなってしまいます。


外敵に対して作用するはずの免疫機能が自分の毛を壊す方向に働いてしまうことで生じる病気。
自己免疫疾患の1つとして考えられています。

異常な免疫反応を起こす原因として精神的なストレスが
起因していることが多い。


◆女性の抜け毛の対策

まず自分の薄毛の原因を特定しましょう。
自分で原因が思い当たらなければ、病院の診察を受けるとよいでしょう。



病気が原因で薄毛になってしまっている人はまずは病気の治療を最優先しましょう。

また、薄毛の対策で共通して言えることは、生活習慣の改善をすること。
例えば、ストレス、食生活、不適切なヘアケア、紫外線、冷え性、喫煙、過度の飲酒、不規則な生活、睡眠不足などを改善すること。


これらの改善項目ひとつひとつを自分に当てはめて忍耐強く改善していきましょう。


その上で薄毛の症状に合った育毛剤やサプリメントを活用しましょう。




TOP 抜け毛の原因 抜け毛の本数 抜け毛が多い季節 抜け毛が増える食事
ストレスによる抜け毛 遺伝による抜け毛 病院で抜け毛治療 抜け毛を減らす育毛剤 抜け毛を減らすシャンプー
冷え性と抜け毛の関係 ダイエットと抜け毛の関係 女性の抜け毛の原因と対策 ほこりと抜け毛の関係 睡眠不足と抜け毛の関係
喫煙と抜け毛の関係 飲酒と抜け毛の関係 乾燥と抜け毛の関係 産後の抜け毛の原因と対策


Copyright© 「抜け毛の対策